遺品整理の専門家「遺品整理士」の仕事内容と依頼するメリット

家族の誰かが亡くなれば、生前に使っていた遺品をどうするかという課題が発生するでしょう。遺品はそのまま遺族の方が整理することもできますが、遺品を専門に扱う遺品整理士という職業の方もいます。遺品整理士の仕事、依頼するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

遺品整理は専門家でなくてもできる

遺品を遺族の方が整理してはいけないという決まりはありません。そのため、遺品整理は専門家に頼まなくても、残された家族の方でも行うことは可能です。家族が遺品整理をする場合は、親族に遺品を整理すると連絡しておき、葬儀後に落ち着いてから行うのが一般的です。遺品整理では、処分する物と残す物を分けていきます。金銭価値のあるものなら、親族で分けることになるでしょう。処分する物は全て不要品として捨てることとなり、燃えないゴミや燃えるゴミとして捨てるか、不用品回収をしてもらいます。しかし、自分たちで遺品整理をするとなると、親族を集める、遺品を整理し捨てる物は処分するという作業が必要となるので、労力と手間がかかるでしょう。

遺品整理士の仕事内容

一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する民間資格が、遺品整理士です。残された遺品を法律にそって供養し、整理するのが彼らの仕事です。ただし、勝手に遺品を整理するわけではありません。遺族の方から部屋の片付けの依頼を受けた上で遺族の指示に従い、遺品の整理処分を行います。どの遺品を整理するか、または処分して廃棄するかは遺族の意向に従わないとなりません。実際の作業は、遺族と一緒に進めるか、遺品整理士のみが行うかは、その依頼ごとに異なります。整理をする中では、貴重品があればどう扱うかを遺族に指示を仰ぎ、供養が必要な物が出ればお寺に持って行き供養しなければなりません。トラブル無く行うために遺族の指示には必ず従い、細かい部分まで対応していくのが遺品整理士の仕事内容です。

遺品整理士に依頼するメリット

遺品整理士に依頼して家にある遺品を整理し、処分してもらうと、遺族が行う体力面、そして時間面での負担の軽減が期待できます。特に膨大な遺品があるケースほど、これらの負担を減らすことができるでしょう。人によっては遺品整理する時間を取るのが難しい方もいるため、遺品整理士に依頼をするのも1つの方法です。専門の遺品整理士の業者に依頼しておくことで、指示した期限内に確実に遺品整理を終わらせてくれます。いくら遺品があっても、すべて丁寧に整理して、必要ないものは処分してくれるので、思い出の品などを間違って廃棄してしまうリスクも減らせるでしょう。

遺品を見て気持ちの整理ができず、なかなか片付けられないという方もいるでしょう。そのような場合には、思い切って遺品整理士に依頼してみることをおすすめします。福岡で遺品についてお困りなら、遺品整理士が在籍しているクリーンアースを、ぜひご利用ください。